コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギーゼ Therese Giehse

世界大百科事典 第2版の解説

ギーゼ【Therese Giehse】

1898‐1975
ドイツの女優。どしょうぼねのある,あくの強い役柄を演じて当りをとった。1925年ミュンヘン小劇場専属となり,ファルケンベルクOtto Falckenberg(1873‐1947)にきたえられた。33年チューリヒに亡命,時局風刺が売物の劇団〈こしょうひき器〉(ゴーロ・マンおよびエーリカ・マンらが中心)で活躍。37年以降,チューリヒ劇場専属となり,戦後ミュンヘン小劇場に復帰。《ビーバーの毛皮》(ハウプトマン作)のウォルフェンのおかみ,《地霊》《パンドラの箱》(ともにウェーデキント作)のルルー,《肝っ玉おっ母とその子どもたち》(ブレヒト作。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ギーゼの関連キーワードベルリーナー・アンサンブルウォード スイングル天球の回転についてイェルク デームスヘルムート ロロフカッテンブッシュカール グロースギーゼブレヒトシャウビューネハンス オッテギーゼキングウィーン気質フィッカーバルツァー新即物主義11月5日皇帝政策3月5日労働科学井口秋子