コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギーロカスタル Gjirokastër

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギーロカスタル
Gjirokastër

アルバニア南部,ギーロカスタル地区の行政中心地。別称ギノカスタル Gjinokastër。1811年トルコ領南アルバニア総督アーリー・パシャによって建設された要塞跡に接して,丘の急斜面に建てられた町で,石造の家屋や狭い街路が独特の景観をもつ。オスマン帝国時代の生活様式をいまに伝える町として,町全体が文化財として保護され,2005年に世界遺産の文化遺産に登録された。ギリシア正教 (アルバニア国民教会) の聖堂,第2次世界大戦中の抵抗運動を記念する博物館,アルバニア共産党指導者エンベル・ホッジャの生家などがある。産業は酪農,ブドウ栽培,皮なめし,銀細工など。人口 2万630 (2001) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ギーロカスタルの関連キーワードベラト

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android