コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クイナナ Kwinana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クイナナ
Kwinana

オーストラリア,ウェスタンオーストラリア州南西部の町。パース南郊のコックバーン湾に面する臨海工業地域で,同州唯一の重化学工業地帯をなす。石油精製,鉄鋼,アルミナ精錬,ニッケル精錬,化学肥料,セメントなどの工場や,火力発電所,小麦貯蔵積出施設などが 1950年代以降建設された。人口1万 7280 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クイナナ
くいなな
Kwinana

オーストラリア、ウェスタン・オーストラリア州、パース南郊の臨海工業地区。人口2万0812(2001)。1952年以来、石油精製、鉄鋼、アルミナ精錬、ニッケル精錬、化学肥料などの工場が建設され、発展しつつある。名称は、かわいい少女を意味する先住民語に由来。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クイナナの関連キーワードパース(オーストラリア)クリヤノビングフリマントルカンバルダ谷内

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android