クイラー・クーチ(英語表記)Arthur Thomas Quiller‐Couch

世界大百科事典 第2版の解説

クイラー・クーチ【Arthur Thomas Quiller‐Couch】

1863‐1944
イギリスの批評家,小説家。オックスフォード大学で古典学を専攻。雑誌《スピーカー》の編集者になるが,1912年ケンブリッジ大学に英文学科が開設されると,初代教授になる。ビクトリア時代良識を支えにし,清新な文体で人気を博す。批評作品に《文章の技法》(1916),《読書の技術》(1920),《文学研究》3巻(1918‐29)があり,《オックスフォード英詩選集》(1900)などを編纂。〈Q〉の筆名で《トロイの町》(1888),《星の》(1897)などの童話,故郷コーンウォールに取材した《短編選集》(1921)を発表。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android