コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クイ族 クイぞくKui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クイ族
クイぞく
Kui

タイ語ではソアイ Soaiという。北東タイからカンボジアにかけての丘陵に住むモン=クメール語系民族。人口は 60万人以上と推定される。かつては鍬耕作による焼畑農耕が生業の中心であったが,現在は大部分が水稲耕作を行い,象狩りや鉄鍛冶にたずさわる者もある。在来の精霊信仰に仏教が大きく浸透している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のクイ族の言及

【カンボジア】より

…チャム族はイスラム教徒であるので,クメール・イスラムと呼称される。少数民族としては,ラタナキリ高原のプノン族,スティアン族,ダンレック山地内のクイ族,カルダモーム山脈のポー族などがいる。これら山岳民族はクメール・ルーKhmer Lou(高地クメール族)と呼ばれ,採集狩猟,焼畑農業により生活している。…

※「クイ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クイ族の関連キーワードウォルスキ族オスキ人タイ語

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android