コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クェリド Querido, Israël

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クェリド
Querido, Israël

[生]1872.10.1. アムステルダム
[没]1932.8.5. アムステルダム
オランダの小説家,評論家。ポルトガルから移住したユダヤ系の出身。困難な環境のもとで種々の職業につきながら,独学して作家生活に入った。ゾラの影響を受けた自然主義的傾向の小説『人生の行路』 Levensgang (1901) で絶賛を博した。これはアムステルダムのダイヤモンド加工の職人の生活を描いた作品。また,いちご畑で働く農民や日雇い労働者の生活を扱った『人間の悲哀』 Menschenwee (03) ,アムステルダムの労働者街に住む人々の生活を描いた4部作『ヨルダーン』 De Jordaan (12~25) も好評を得た。ほかにペルシアに取材した3部作の歴史小説『旧世界』 De oude wereld (18~21) がある。なお,弟 (筆名ヨースト・メンデス) も小説家。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クェリドの関連キーワード日本郵便制度史(年表)富岡製糸場アルルの女モンクラランド竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)ダヴィデゴンブルサ事件

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android