コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クオ・ウァディス クオウァディス

百科事典マイペディアの解説

クオ・ウァディス

シェンキエビチの小説。1896年発表。ローマ時代に材を取り,ネロの苛酷な迫害に耐え信仰を守りぬく初期キリスト教徒の姿を描いた。そこには,独立への苦難の道を歩む祖国ポーランドの運命が暗に重ね合わされている。題名は,ローマを去ろうとした使徒ペテロがアッピア街道上でキリストに〈主よ,いずこへ行きたもうQuo Vadis,Domine?〉と問いかけた言葉による。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

クオ・ウァディスの関連キーワードペテロ行伝

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android