ククルイニクスイ

百科事典マイペディア「ククルイニクスイ」の解説

ククルイニクスイ

旧ソ連の画家のグループ名。クプリヤノフM.V.Kupriyanov〔1903-1991〕,クルイロフP.N.Krylov〔1902-1990〕,ソコロフN.A.Sokolov〔1903-2000〕の3人の名前を合わせたもの。1924年以来共同執筆による漫画を発表,《プラウダ》の時局漫画も担当。ゴーリキーチェーホフらの小説の挿絵を描き,また各自独立した画家としても活躍した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ククルイニクスイ」の解説

ククルイニクスイ
Kukryniksy

旧ソ連の代表的な漫画制作グループ。クプリヤノフ,クルイロフ,ソコロフの3人が 1924年に結成。処女作は『若い詩人や作家の友情的漫画』 (1925) 。『プラウダ』紙の時局漫画を担当するほか挿絵でも活躍し,『最期』 (48) など油絵も描いた。スターリン賞 (42) ,レーニン賞 (65) を受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「ククルイニクスイ」の解説

ククルイニクスイ【Kukryniksy】

ククルイニクスイとは,ロシアの3人の画家,すなわちクプリヤノフM.V.Kupriyanov(1903‐91),クルイロフP.N.Krylov(1902‐90),ソコロフN.A.Sokolov(1903‐ )のグループ名。3人ともモスクワの国立高等工芸実習学校の卒業生で,3人が協同執筆したのは1924年以来で,彼らがまだ学校の壁新聞に協同で漫画をかいていたころからである。《プラウダ》紙の時局漫画を担当するほか,挿絵画家としても,ゴーリキー(《クリム・サムギン》《フォマ・ゴルジェーエフ》《母》),チェーホフ,シチェドリンらの作品や,《ドン・キホーテ》などの挿絵を描き,また《ゾーヤ・コスモデミヤンスカヤ》(1942‐47),《最期》(1948)などの油絵がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android