コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサウラベニタケ(臭裏紅茸) クサウラベニタケRhodophyllus rhodopolius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサウラベニタケ(臭裏紅茸)
クサウラベニタケ
Rhodophyllus rhodopolius

担子菌類マツタケ目イッポンシメジタケ科のキノコ。夏秋の頃,林地の地面にまばらに生じる。傘は初め鐘形ないし円錐形,のちに平らに開くが中央はやや盛上がる。径3~8cm,表面は淡灰色。裏面のひだは初め白色,のちに桃色。胞子紋は桃色。有毒。北海道より本州にかけて産し,北アメリカヨーロッパ,小アジアにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android