クスダマカビ(薬玉黴)(読み)クスダマカビ(英語表記)Cunninghamella

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クスダマカビ(薬玉黴)
クスダマカビ
Cunninghamella

藻菌類ケカビ目クスダマカビ科の代表属。土壌中に生息し,ときとして食品などにも発生する。菌糸は枝分れがあり,その先端に頭状部を生じ,その表面にいわゆる分生子が密生する。この分生子は,実は胞子嚢がただ1個の胞子を内蔵しているものである。外膜に刺毛を生じる。胞子は軽く,風力で飛散しやすい。クスダマカビの名は頭状部に胞子のついた形が薬玉に似ていることによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android