コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クタドグ・ビリグ Kutadgu Bilig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クタドグ・ビリグ
Kutadgu Bilig

トルコ語の教訓詩。カラハン朝廷臣,思想家ユースフ・ハス・ハージブ著。『幸福を与える知識』と訳される。イスラム暦 462 (1069/70) 年成立。国王や臣下の義務,心得などについて述べたもので,当時のトルコ知識人の世界観,人生観を如実に示している。ウイグル文化をはじめ,中国,インド,ペルシア文化の影響がみられる。現在ウイグル文字 (ウィーン本) ,アラビア文字 (カイロ・フェルガーナ本) で書かれた3種の写本が残っている。カーシュガリーの『チュルク語辞典』とともにイスラム化したトルコ族初期の文献として貴重である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クタドグ・ビリグの関連キーワードトルコ・イスラム文化カラハン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android