クダヤガラ(英語表記)Aulichthys japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クダヤガラ
Aulichthys japonicus

トゲウオ目クダヤガラ科。全長約 15cmになる。体は細長く,円筒状。吻は管状で,その先端に口がある。相模湾以北の本州,瀬戸内海および日本海沿岸の各地に分布する。浅海藻場に棲息し,春から初夏にかけてマボヤの囲鰓腔内に産卵する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クダヤガラ
くだやがら / 管矢柄・管
Japanese tube snout
[学]Aulichthys japonicus

硬骨魚綱トゲウオ目クダヤガラ科の海水魚。体が著しく細長く、吻(ふん)が管状であることからこの名がある。本州中部以北の太平洋沿岸、瀬戸内海および日本海沿岸各地、朝鮮半島東岸に分布する。側線上に棘(とげ)状となった多数の隆起骨板が一列に並ぶ。背びれの棘は短くて15本あり、互いに離れている。全長は15センチメートルぐらいになるが、雄は雌よりも小さい。藻場(もば)などの浅所にすむ。雌雄で形や色合いが異なる。成熟した雄には大きな生殖突起があり、臀(しり)びれの縁辺はアーチ状にくぼみ、両顎(あご)に歯がある。雌では臀びれがほとんど直線状であり、両顎に歯がない。春に、やや粘性のある径約2.4ミリメートルの卵を、マボヤの鰓嚢(さいのう)を取り囲む室の中へ産む。孵化仔魚(ふかしぎょ)はしばらくそこに留まる。食用にしない。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android