コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クチジロジカ Thorold’s deer

1件 の用語解説(クチジロジカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クチジロジカ【Thorold’s deer】

ニホンジカに似るが大きく,下あごと吻端(ふんたん)が白い偶蹄目シカ科の哺乳類チベット東部,四川,青海の標高3500~5000mの高地に分布する。体長1.9~2m,尾長10~12cm,体高1.2~1.3m,体重130~140kg。顔が短くて耳介が細長く,腰が肩よりやや高く,ひづめは幅広くウシに似る。毛は密で夏毛は短く灰褐色,冬毛は長く黒褐色,夏冬とも胴に白い斑点がない。しりの淡色部は黄褐色。角は大きく扁平,枝はふつう5本でその出方はニホンジカに似るが,下から3番目の枝がもっとも長く,幹はそこから急に後ろに曲がる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クチジロジカの関連キーワードジャガー下顎蟹虫台湾猿日本鹿日本時間黒猿エゾシカ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone