出方(読み)でかた

精選版 日本国語大辞典「出方」の解説

で‐かた【出方】

〘名〙
① 出る様子、方法。でよう。
② ある事柄に対する対処のしかた。やりかた。でよう。態度
※にごりえ(1895)〈樋口一葉〉一「お前の出かた一つで何うでもなるに」
③ 劇場や相撲茶屋などで、客の案内や雑用をした人。相撲茶屋では現在も残る。
※歌舞伎・櫓太鼓鳴音吉原(1866)三幕「『へい、朝霧関今日は』〈略〉『これは誰れかと思うたら出方の衆〈略〉』」
※春泥(1928)〈久保田万太郎〉みぞれ「帝国劇場といふものが出来て、茶屋も出方もつかはないあたまで西洋式の切符制度といふことをやってみせた」
私娼
※天国の記録(1930)〈下村千秋〉三「出方(デカタ)(私娼)と主人とが二人で都合六日の拘留と五十二円也の罰金」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android