コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出方 デカタ

デジタル大辞泉の解説

で‐かた【出方】

出る方法・ようす。でよう。「芽の出方
物事に対する処理のしかたや態度。でよう。「最初の交渉では相手の出方をみる」
芝居茶屋相撲茶屋などに所属し、客を座席に案内したり、飲食物の世話をしたりする人。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

でかた【出方】

[2][3] 出る様子・方法。 「枝の-」 「世の中への-に問題がある」
[2][3] 交渉などに臨むときの態度・方針。 「相手の-を見る」
[0] 相撲茶屋・劇場などで、客の世話や雑用をする男。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

出方の関連キーワードキウイフルーツかいよう病Psa3系統春暁ガス田(日本名「白樺」)アドバルーンを揚げる鐘も撞木の当たりがら揣摩憶測・揣摩臆測沢村宗十郎(5世)ミニマックス原理駆け引き・駆引き囚人のジレンマ魚心あれば水心毒気を抜かれるちんちろりん望むところだクチジロジカあえしらう張鼓峰事件市川小団次あてうまバウンス睨み合う

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出方の関連情報