クッターブ(英語表記)kuttāb

世界大百科事典 第2版の解説

クッターブ【kuttāb】

〈学校〉を意味するアラビア語。一般に,コーラン暗誦を中心とする初等教育施設をいう。マクタブmaktabも同義語として用いられたが,後者は現代では,近代教育制度の中での小学校を指すことが多い。これに対し,マドラサは高等教育施設をさす。イスラムの歴史のごく初期から初等教育に関する記録はあり,ジャーヒリーヤ時代にまでさかのぼる。伝統的なクッターブは,ほとんどの場合,政治権力の統制外にあり,町でもでも望みさえすればだれもが通える程度に普及していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android