コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クッターブ kuttāb

世界大百科事典 第2版の解説

クッターブ【kuttāb】

〈学校〉を意味するアラビア語。一般に,コーラン暗誦を中心とする初等教育施設をいう。マクタブmaktabも同義語として用いられたが,後者は現代では,近代教育制度の中での小学校を指すことが多い。これに対し,マドラサは高等教育施設をさす。イスラムの歴史のごく初期から初等教育に関する記録はあり,ジャーヒリーヤ時代にまでさかのぼる。伝統的なクッターブは,ほとんどの場合,政治権力の統制外にあり,町でも村でも望みさえすればだれもが通える程度に普及していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クッターブの関連キーワードジャーヒリーヤハーフィズムッラー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android