クヌード(大王)(読み)くぬーど(英語表記)Knud, den Store

  • 1000ころ―1035
  • 大王

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

英語名カヌートCanute、クヌートCnutともいう。イングランド王(1世、在位1016~35)、デンマーク王(2世、在位1018~35)、ノルウェー王(在位1028~35)。1014年イングランドで死去したデンマーク王スベン1世Sven Ⅰ(在位986~1014)の第2子。16年イングランド王位(デーン朝)を、さらに兄のハラルド2世の死により18年デンマーク王位を継承した。26年ヘルゲ川の戦いで、ノルウェー王聖オーラフとスウェーデン王アヌンドの連合艦隊を破り、北欧における覇権を獲得した。27年ローマで挙行されたドイツ国王(神聖ローマ皇帝)コンラート2世の皇帝戴冠(たいかん)式に出席。これを機にデンマークとドイツとの国境問題を解決した。28年ノルウェーに上陸、聖オーラフを追放。さらに30年、領土奪回を試みた聖オーラフのスティケルスタッドでの戦死により、クヌードのノルウェー支配は不動のものとなり、ここにイングランド、デンマーク、ノルウェーにまたがる「北海帝国」が成立した。デンマーク国内では軍制の改革を実施して「ティングリッド」とよばれる従士団を創設、また多数のイングランド人聖職者をデンマークに派遣、キリスト教の発展に努めたが、この政策はハンブルク・ブレーメン大司教との摩擦を引き起こした。さらにルンドやロスキレなどデンマーク各地にイングランドを模倣した貨幣鋳造所を設置した。35年11月12日、シャフツベリで死去したが、在位中のデンマーク滞在期間は数年にすぎない。「北海帝国」は彼の死後まもなく崩壊した。

 彼は、イングランドでは、エセルレッド2世の未亡人エマと結婚し、教会人にはその特権を認めるなどアングロ・サクソンの伝統を重んじた反面、征服者として有名なクヌード王法典に基づく集権化政策を強力に推進し、過酷な「デーンゲルト」の徴発も行った。

[牧野正憲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android