コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クバント(英語表記)KVANT(露)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クバント
KVANT(露)

1987年3月 31日,旧ソ連の宇宙ステーション「ミール」の背面ドッキング口に接続するために打ち上げられた天文観測モジュール。総重量 20.6t (推進モジュール 8.4tを含む) ,全長 5.8m,直径 4.2m。同モジュールは実験室と 40m3の与圧エリアを備えた移動用コンパートメントと後部の常圧科学ペイロード隔室から成る。移動用コンパートメントの気密室に紫外線望遠鏡 (グレーザー) ,常圧の計器室に 800kgの「レントゲン」バッテリーのX線および紫外線望遠鏡がある。また生物工学実験用には電気泳動プラントがある。 89年 11月 26日に,クバント2 (モジュールD) が打ち上げられ,「ミール」に接続された。そして,クバント2に搭載されたイカロス船外移動器による宇宙飛行士の船外活動に成功した。さらに 90年5月 31日にクリスタルモジュールが打ち上げられ,「ミール」に接続された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android