クマノイ族(読み)クマノイぞく(英語表記)Koumanoi; Comani; Cumans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマノイ族
クマノイぞく
Koumanoi; Comani; Cumans

クマン人とも呼ばれる。 11世紀半頃から 13世紀半頃にかけてバルカン半島に活躍したトルコ族の一つ。ドニエプル川流域に出現,ドナウ川を南下 (1078) ,第2ブルガリア帝国成立に大きな役割を果したあと,トラキア,ハンガリーを荒し (91) ,ビザンチン皇帝アレクシウス1世の討伐軍に敗れ (1114) ,ドナウ川北岸に戻された。 1239年のモンゴル族の侵入により壊滅し,他民族に吸収された。その言語は『クマノイ文書』 Codex Cumanicusに残されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android