コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマノイ族 クマノイぞくKoumanoi; Comani; Cumans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマノイ族
クマノイぞく
Koumanoi; Comani; Cumans

クマン人とも呼ばれる。 11世紀半頃から 13世紀半頃にかけてバルカン半島に活躍したトルコ族の一つ。ドニエプル川流域に出現,ドナウ川を南下 (1078) ,第2ブルガリア帝国成立に大きな役割を果したあと,トラキア,ハンガリーを荒し (91) ,ビザンチン皇帝アレクシウス1世の討伐軍に敗れ (1114) ,ドナウ川北岸に戻された。 1239年のモンゴル族の侵入により壊滅し,他民族に吸収された。その言語は『クマノイ文書』 Codex Cumanicusに残されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クマノイ族の関連キーワードキシュクンフェーレジハーザラースロー1世(聖王)コンスタンチヌス9世ラースロー4世ルーマニア史ベーラ4世ホロケ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android