コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマヤナギ(熊柳) クマヤナギ Berchemia racemosa

1件 の用語解説(クマヤナギ(熊柳)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマヤナギ(熊柳)
クマヤナギ
Berchemia racemosa

クロウメモドキ科の落葉低木状のつる性植物。幹の径は数 cmに及ぶものがある。葉は卵形ないし卵状楕円形で基部が丸く,なめらかで,支脈が主脈から斜めに平行して出る。鋸歯はない。夏に,枝先や葉腋から円錐花穂を生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クマヤナギ(熊柳)の関連キーワードクロウメモドキクロウメモドキ科梅擬熊柳黒梅擬蔓梅擬浜棗黒つ薔薇核太棗風鈴梅擬

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone