核果(読み)かくか(英語表記)drupe

翻訳|drupe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核果
かくか
drupe

液果の一種で,中心部に堅いをもつ果実をいう。ウメ,モモ,サクランボのように,肥厚した中果皮食用にするものと,クルミイチョウ (銀杏) のように中心の種子を食用とするものとがある。石果ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かくか【核果】

かっか【核果】

液果の一種。外果皮は薄く、多肉・多漿質の中果皮と、厚く堅い内果皮とをもつ果実。モモ・ウメなど。石果。かくか。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の核果の言及

【ナッツ】より

…クリやシイの実のように,成熟しても果皮が裂開しない堅い乾いた果実を植物学上ではナッツ(堅果)というが,利用上からみると,ナッツは一般に木の実と解されており,硬質の殻を有して,その内部の種子や仁を食用にする木本植物の堅果(クリ,ハシバミ,シイなど)や,核果(アーモンド,ペカン,クルミなど)をいう。また,種子を食用にすることから,ナッツはピーナッツなど草本のマメ科植物の種子などをも含めて,広い意味に用いられることが多い。…

【実】より

…アケビのように裂開するものもあるが,ふつうは裂開しない。内果皮が堅くならないものと堅くなるものがあり,前者を漿果(しようか)berry,後者を核果(石果)drupeとして分ける。漿果にはブドウ,レモン,メロン,バナナが,核果にはクワ,モモ,オリーブ,ココヤシがある。…

※「核果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android