コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマ笹エキス くまざさえきす

1件 の用語解説(クマ笹エキスの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

くまざさえきす【クマ笹エキス】

○栄養成分としての働き
 クマ笹はたんぱく質、脂肪、ビタミンB1、B2、K、カルシウムのほか、マグネシウム、リンなどのミネラルを含んでいます。ビタミンKは血液中のカルシウムイオンをふやし、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防に効果があります。また100g中に80mgも含まれる葉緑素と、リグニンという木質繊維には腫瘍(しゅよう)抑制効果があることが認められていますし、ササ多糖体は弱った細胞膜を強化するので、この相乗作用で制がん効果が期待されます。また多糖類のパンフォリンは免疫力を高めるほか、防腐効果があります。
○漢方的な考え方
 クマ笹は、その強い生命力から民間薬としても広く用いられてきました。その薬効は広範囲におよび、健胃、高血圧、糖尿病、慢性肝炎、口内炎(こうないえん)、口臭、かぜなどに効くとされています。なおエキスは濃緑の1年目の若葉から抽出されます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

クマ笹エキスの関連キーワード栄養成分表示栄養価成分栄養働き掛け一般成分栄養士養成施設栄養表示食品成分飼料成分表無機成分

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone