コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クライシ族 クライシぞくQuraysh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クライシ族
クライシぞく
Quraysh

北アラブ系のアラブ支族名。初めはヒジャーズ地方の山地で遊牧生活を送っていたが,5世紀末頃,伝説的な英雄クサイイに率いられてメッカに定着。カーバ神殿の管理者として,また遠距離交易の組織者としてしだいに勢力を蓄え,7世紀初頭にはメッカをヒジャーズ地方の中心都市にまで引き上げた。預言者ムハンマドがクライシ族の支派ハーシム家から出るに及んで,アラブのなかで最も有力な支族となり,のちに大帝国を組織するウマイヤ家(→ウマイヤ朝)や,ハーシム家に属するアッバース家(→アッバース朝),またシーア派アリー家などを生んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クライシ族の関連キーワードウマル・イブン・アビー・ラビーアムアーウィヤ1世アブー・ウバイダアブー・バクルウスマーン正統カリフイスラム教ウマル1世

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android