クラウジウス=クラペイロンの式(読み)クラウジウスクラペイロンのしき(英語表記)Clausius‐Clapeyron’s equation

  • クラウジウス=クラペイロンの式 ClausiusClapeyron’s equation

世界大百科事典 第2版の解説

液体と気体など,物質の二つの相が熱平衡にある場合に,温度一定の下で第1の相から第2の相へ準静的に単位質量を転移させたときの吸収熱qと,そのときの温度T(絶対温度),圧力p,第1,第2の相の比体積v1,v2との関係を与える式。qT(dp/dT)(v2v1)と表される。ただし,微分は,共存曲線に沿ってのものである。この式は最初B.クラペイロンが熱素説の立場から導いたもので,後に,R.クラウジウスによって熱力学を用いて正しく導かれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android