コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラウジウスの定理 クラウジウスのていり Clausius' theorem

2件 の用語解説(クラウジウスの定理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラウジウスの定理
クラウジウスのていり
Clausius' theorem

熱力学系が任意のサイクルを経て変化するとき,サイクルを一回りする間に系が得る換算熱量の総和は一般に負となり,可逆サイクルのときだけゼロとなる。これをクラウジウスの定理という。この定理はカルノーの定理を拡張したものであり,熱力学第二法則の1つの表現である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

クラウジウスの定理【Clausius' theorem】

任意の熱サイクルにおいて,dQ を熱量の無限小変化とすると,次の式が成り立つ.

等号が成立するのは可逆サイクルの場合のみであり,不可逆サイクルの場合は常に不等号となる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラウジウスの定理の関連キーワードサイクル熱力学温度プレサイクル四サイクル機関メガサイクル熱力学の第一法則マクロサイクルメソサイクル熱力学の諸法則オットー・サイクル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone