クラウス・J. ブラント(英語表記)Klaus J. Brandt

20世紀西洋人名事典の解説

クラウス・J. ブラント
Klaus J. Brandt


1940 -
ドイツの文化人類学学者。
文化人類学国立博物館の極東部門館長。
西ドイツ生まれ。
日本芸術一般を専門とする。1968年にケルン大学で日本の彫刻師細田栄之について研究し、博士号を取得した。’69〜71年西ドイツ国立研究所研究員を務める。15歳の頃、日本の浮世絵について関心をもつ。20歳の頃極東史と芸術史について本格的な研究を始め、23〜27歳までボン大とソルボンヌで日本語を組織的に学ぶ。’71年よりステュツガルト・リンデン博物館、文化人類学国立博物館の極東部門館長を務める。ヨーロッパ日本学会会員。主著に「Ukiyo-e Holzschritte」(’78年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android