クラスタリング(読み)くらすたりんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典「クラスタリング」の解説

クラスタリング

別々に動作する複数のコンピューターを論理的にひとまとめにし、全体として1台のコンピューターとして動作させるシステム構築手法。構成要素となる個々のコンピューターを「ノード」と呼び、あるノードがダウンしたとしても別のノードがその処理を引き継ぐことで(フェイルオーバー)、サーバーの処理が継続される。冗長性を上げて耐障害性を高めたり、全体的なパフォーマンスを向上したりできる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

情報セキュリティ用語辞典「クラスタリング」の解説

クラスタリング

複数の独立したシステムをひとつのシステムとして動作させて、システムに障害が発生した場合でも、システム全体をダウンさせることなく、運用を続けることができる技法のこと。構成台数を増やすことで、フォールトトレランスとパフォーマンスを向上させることができる。

出典 教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)情報セキュリティ用語辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android