コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラスノウフィムスク Krasnoufimsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラスノウフィムスク
Krasnoufimsk

ロシア中西部,スベルドロフスク州の都市。州都エカテリンブルグの西約 180km,ウラル山脈中部西斜面にあり,ウファ川に臨む。機械,製材,耐火煉瓦,食品などの工業がある。エカテリンブルグと鉄道で連絡。人口約 4万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android