コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スベルドロフスク州 スベルドロフスクSverdlovsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スベルドロフスク〔州〕
スベルドロフスク
Sverdlovsk

ロシア中西部の州。州都エカテリンブルグウラル山脈中部東斜面を占め,西は山脈の稜線から,東は西シベリア低地にいたる。南西部には山脈西斜面も含まれる。南西部を除き全域がオビ川水系のトボル川流域に属する。大陸性気候で,1月の平均気温-20~-16℃,7月は 16~19℃。年降水量は 350~500mm。ほぼ全域がタイガ地帯に入り,南端部に森林ステップがみられる。鉱物資源に富み,鉄,マンガン,コバルト,ニッケル,タングステン,バナジウム,ベリリウム,ボーキサイト,アスベスト,金,白金,銅などを産する。1930年代からこれらの鉱床の開発が進み,ニジニータギルセローフクシバペルボウラリスクなどに製鉄・製鋼所,その他各地に非鉄金属冶金工場が建設され,ロシア有数の重機械工業地域となっている。燃料資源にはあまり恵まれず,石炭はクズバス(クズネツク炭田)から,天然ガスはチュメン州から移入する。化学,製材,木材加工などの工業も盛ん。農業は比較的重要性が低く,おもに南東部で穀物,ジャガイモなどが栽培される程度。州内交通はエカテリンブルグから放射状に延びる鉄道,ハイウェーが中心で,一部の河川が水運に利用される。面積 19万4300km2。人口 440万9731(2006推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スベルドロフスク州の関連キーワードカーメンスク・ウラリスキーカーメンスクウラリスキークラスノトゥリインスクセローフ(ロシア連邦)クラスノウフィムスクヴィクトル ズプコフボリス エリツィンエカチェリンブルグベルフニャヤサルダクラスノウラリスクアルチョモフスキースベルドロフスクニジニー・タギルセベロウラリスクニジニ・タギルアラパエフスクポレフスコイカルピンスクチュソバヤ川カムイシロフ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スベルドロフスク州の関連情報