コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラッパー波 Crapper wave

1件 の用語解説(クラッパー波の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

クラッパー波

純粋の表面張力波にたいして導かれた有限振幅波。1957年にCrapperが渦無しの条件の基で、運動方程式の完全解としてこの波を求めた。非線型重力 波(ストークス波)とは逆に、波形は振幅が増すと共に、峯が平になり谷が尖る。波形勾配が0.73で、谷の部分に空気を取り込んでそこに泡を作る形で碎波 する。波速は振幅と共に減少する。最大波形勾配での波速は、無限小振幅波の約81%となる。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラッパー波の関連キーワード界面張力表面張力表面張力波アントノフの規則ギブスの定理(界面)シスコフスキの式チスコフスキーの式ファンデルワールスの表面張力式ヤングの式(接触角)ゲルストナー波

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone