コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表面張力波 ひょうめんちょうりょくはcapillary wave

5件 の用語解説(表面張力波の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表面張力波
ひょうめんちょうりょくは
capillary wave

水やその他の液体の表面の乱れに対して,表面張力が復元力として働くために起る波。波長は 1.7cm以下で,さざ波はこの例。ほかに,重力が復元力として起る重力波がある。 (→水波 )

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひょうめんちょうりょく‐は〔ヘウメンチヤウリヨク‐〕【表面張力波】

液体の表面の上下動に対し、復元力として表面張力が重力に比べて大きく寄与する波。さざ波。→重力波

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

表面張力波【ひょうめんちょうりょくは】

水面の波のうち,重力よりも表面張力の影響を強く受けてできるもの。波長が1.72cm(正確には(式1),ここでγは液体の表面張力,ρは密度,gは重力加速度)より小さい波(それより大きい波は重力波)をさし,さざ波とも呼ばれる
→関連項目さざ波

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

海の事典の解説

表面張力波

表面張力を復元力とする水面を伝わる短波長の波でさざなみとも呼ぶ。重力と表面張力の両方を考慮したときの位相速度は、Tを表面張力の係 数、gを重力の加速度、ρを水の密度、λを波長として、√(gλ/2π+2πT/ρλ)で表わされ、波長が1.72cmで、最小の波速23.2cm/sをとる。波長がこの値より短くなると第一項が無視できて、表面張力が主要な復元力となる。 このような波を純粋表面張力波と呼ぶ。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
海の事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうめんちょうりょくは【表面張力波】

表面張力が主な復元力として働く水面波。水深の深い水の表面では波長が1.7センチメートル 以下の波がこれに当たる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の表面張力波の言及

【さざ波】より

…水面にできる細かい波で,一般的には波長1.72cm以下の表面張力波をいう。この波長域では波動の復元力として重力よりも表面張力の方が大きくなり,位相速度は波長が短くなるにしたがって大きくなる。…

※「表面張力波」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone