運動方程式(読み)うんどうほうていしき(英語表記)equation of motion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

運動方程式
うんどうほうていしき
equation of motion

物体の運動を決める微分方程式古典力学では質点に対するニュートンの運動方程式があり,これから剛体の運動に対するオイラーの運動方程式流体の運動方程式などが導かれる。また古典力学を数学的に整えた解析力学ではハミルトンの運動方程式 (→正準方程式 ) ,ラグランジュの運動方程式などがある。量子力学ではハイゼンベルクの運動方程式シュレーディンガーの波動方程式がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うんどうほうていしき【運動方程式 equation of motion】

外力の作用のもとでの物体の運動を決めるための方程式。数学的には微分方程式の形をとる。各種のものがあるが,以下に代表的なものを示す。(a)ニュートンの運動方程式 運動の変化(加速度)は力の作用に比例し,その方向に起こるというニュートンの運動の第2法則を数式的に表した, maF ……(1) または,を指す。ただしmは物体の質量,vaはそれぞれの速度ベクトル,加速度ベクトルであり,またpは運動量ベクトル,Fは物体に働く力を表す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うんどうほうていしき【運動方程式】

物体の運動を決める方程式。ニュートンの第二法則による運動方程式から、四元の運動量を用いて表された相対論的力学で用いられるものまで、いろいろなかたちで導かれている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

運動方程式
うんどうほうていしき
equation of motion

物理における物体の運動を理解するための方程式。歴史的にはニュートンの運動の第二法則により、最初のニュートンの運動方程式がFmaという形で提案された。ここでFは力、mは質量、aは加速度である。その後、流体力学に対するオイラー方程式、ナビエ‐ストークス方程式も提案される。しかし、重力のような中心力を扱う場合に便利な極座標系で運動方程式を扱うと、方程式が複雑になる。そこで座標系に依存しない形での運動方程式を研究した結果、解析力学としてラグランジュの運動方程式、ハミルトンの正準運動方程式に発展した。量子力学の発展期には、ハミルトン形式の運動方程式からハイゼンベルクの運動方程式が開発された。[山本将史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うんどう‐ほうていしき ‥ハウテイシキ【運動方程式】

〘名〙 物体の運動に関する基本方程式。ニュートン力学では運動の第二法則として示され、物体に作用する力は物体の質量と物体に加わる加速度との相乗積に等しい(f=mα)という形で表わされる。→運動の法則

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

運動方程式の関連情報