クラピナ遺跡(読み)クラピナいせき(英語表記)Krapina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラピナ遺跡
クラピナいせき
Krapina

クロアチアのクラピナにある砂岩岩陰遺跡。 1895~1906年に発掘が行われ,650個余の破砕人骨片,動物化石骨,石器が発見された。遺跡は9枚の層位から成り,人骨はすべて下から数えて第3層目で発見された。石器は第3層以外からも発見されたが,人骨に共伴した石器は 1000点以上に上り,およその時代的位置はリス=ウルム間氷期後葉で,中期旧石器時代ムスティエ文化期のものと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android