コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラペイロンの式 Clapeyron's equation

法則の辞典の解説

クラペイロンの式【Clapeyron's equation】

(1) 均一系において,圧力を p,温度を T,定温変化で容積が単位量増大するときに吸収する熱量を Lv としたとき

のことをクラペイロンの式という.これはカルノーサイクル*をクラペイロンが1834年にはじめて定式化したものである.

(2) クラペイロンの状態方程式*を参照.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

クラペイロンの式の関連キーワードクラペイロン‐クラウジウスの式クラペイロンの状態方程式クラウジウスホルストマン蒸気圧沸点

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android