コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラント クラントcourante

翻訳|courante

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラント
courante

ラテン語の currere (走る) に由来する3拍子舞曲,舞踊。 16世紀に起り 17世紀,18世紀初めに流行した。 17世紀中頃には組曲の楽章の一つとなる。音楽的には次のような区別があった。 (1) イタリア型クラント (コレンテ)  4分の3あるいは8分の6拍子で,軽快に走り回るような音型をもつ。 (2) フランス型クラント 付点リズムが特徴で中庸の速度をもつ。拍子は,2分の3と4分の6拍子の間でしばしば入替る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クラントの関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))西部開拓史/活躍した「英雄」たちジョセフ(Jr.) バイデンウィリアム コツウィンクルスホクラントとその周辺ジュディ マクグラスロバート ライシュトッド リンデントミー ドーシーハーキュリーズミーレフェルトフリージア諸島エディ ラング梨花女子大学校スホクラントスクラントンクーラントケンメラーサラバンド航空母艦

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラントの関連情報