クラール(英語表記)Král', Janko

世界大百科事典内のクラールの言及

【エチオピア】より

…メロディは5音音階に基づく旋法が支配的である。 ほかに,ベガンナとクラールの2種の弦楽器がある。語り物や恋歌の伴奏に用いられるが,いずれもリラ属で,前者は古代ギリシアのキタラに,後者はリラに酷似している。…

【ベガンナ】より

… このリラは古代メソポタミア・エジプトや古代ギリシアのキタラとほぼ同じ構造をもっており,それらと歴史的に関係をもっていたと想像される。エチオピアのもう一つのリラ(クラール。小型で6弦)がもっぱら民俗楽器として使われるのに比べ,ベガンナは宮廷の楽器とされ,エチオピア教会の宗教的な歌の伴奏にも使われ(ただし教会の中では用いられない),その低い荘重な響きは王侯貴族に好まれた。…

※「クラール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android