クリアムリア諸島(読み)クリアムリアしょとう(英語表記)Khūryān Mūryān Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリアムリア諸島
クリアムリアしょとう
Khūryān Mūryān Islands

アラビア半島の南東部,オマーンの南東海岸から 40km沖合いのアラビア海の諸島。オマーン領の岩石の5つの小島から成り,最大のカルザウィート島だけに人が居住している。大部分は漁民である。元の島の住民は 1818年,海賊の侵攻を受けて島を去り,その後本土のアラブ人の手に落ち,のちオマーンのスルタンの勢力下におかれた。オマーンのスルタンは,54年にイギリスに譲渡したが,1967年に再びオマーンに返還された。面積 73km2

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android