コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラビア海 アラビアかい Arabian Sea

翻訳|Arabian Sea

6件 の用語解説(アラビア海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラビア海
アラビアかい
Arabian Sea

アジア大陸の南西に位置するインド洋の付属海。東にインド,西にアラビア半島を控え,インド南端のコモリン岬アフリカ北東端のアシール岬との間は約 3000km。西北部にはペルシア湾の支湾を形成するオマーン湾,西南部には紅海の一部に属するアデン湾が入込む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アラビア‐かい【アラビア海】

インド半島アラビア半島に囲まれた海域。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アラビア海【アラビアかい】

インド洋の北西部を占める海洋で,東はインド,西は東アフリカ,アラビア半島に囲まれている。西部にアデン湾,北部にオマーン湾がある。最深部4500mで島は少ない。海水中の塩分濃度が高い。
→関連項目アデン湾

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アラビアかい【アラビア海 Arabian Sea】

インド洋の付属海で,その北西部に当たる。アラビア語でバフル・アルアラブBaḥr al‐‘Arab。インド半島南端のコモリン岬とアフリカ北東端のグアルダフィ岬とを結ぶ線を底辺とし,北はアラビア半島,イラン南東部,パキスタンにまで達する。面積約300万km2。深度は中央部で5000mに達する。6~9月には南西季節風が,10月から翌年の5月までは北東季節風が吹き,表層海流もそれに応じて季節的に向きを変える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アラビアかい【アラビア海】

インド洋北西部の海域。アフリカ大陸・アラビア半島・インド半島に囲まれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラビア海
あらびあかい
Arabian Sea

インド洋の北西部を占めるその付属海。北はイラン、パキスタンのマクラーン海岸、東はインド半島、西はアラビア半島、ソマリア半島によってそれぞれ限られ、北西はオマーン湾を経てペルシア湾へ、西はアデン湾を経て紅海へとつながる。中央部で深度は4500メートルを超え、表層塩分は高く36.5を示す。毎年6月から9月までは南西季節風が、10月から翌年5月にかけては北東季節風が吹き、海流もそれに影響されて季節的に方向が逆転する。古来、季節風を用いた帆船の往来が盛んであったが、近年はペルシア湾に出入りするオイルタンカーの通過路となっている。島はソコトラ島などごくわずかに限られる。インドおよびパキスタン沿岸にムンバイボンベイ)、カラチなどの港がある。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアラビア海の言及

【インド洋】より

…面積7491万7000km2,容積2億9194万5000km3,平均水深3897m,最大水深7437mである。付属海は北辺沿いに発達し,西から東へ紅海,アデン湾,ペルシア湾,アラビア海,ベンガル湾とつらなり,ジャワとオーストラリアの間にはチモール海とアラフラ海がある。インド洋中には世界第4の大島マダガスカル島やセイロン島をはじめ,特に西部に島嶼が散在するが,島の数は少ない。…

※「アラビア海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アラビア海の関連キーワードインド洋付属海図に当たる時に当たる南支那海胸に当たる耳に当たる物に当たるインド洋の死闘激闘インド洋

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラビア海の関連情報