コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリオコナイト cryoconite, kryokonite

1件 の用語解説(クリオコナイトの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

クリオコナイト

氷床の表面の堆積物あるいは塵芥孔(dust well)に見られる細粒の灰色の粉体.磁鉄鉱の球状の粒子または細粒の他の鉱物粒子や有機物質が風に吹かれてできたもの[Nordenskjoeld : 1872, Charlesworth : 1957].ギリシャ語のkryosは氷,寒冷,konisは錐の意味.塵芥孔(dust well)とは氷河表面に堆積した土砂が日光で加熱されて融解し生じた窪みのこと[ランダムハウス : 1994].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリオコナイトの関連キーワード陸源堆積物陸成層レー漣痕有機堆積物側方堆積ケース・ハードニング湖沼ラテライト地向斜ボーキサイト水平堆積の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone