コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリオコナイト cryoconite, kryokonite

岩石学辞典の解説

クリオコナイト

氷床の表面の堆積物あるいは塵芥孔(dust well)に見られる細粒の灰色の粉体.磁鉄鉱の球状の粒子または細粒の他の鉱物粒子や有機物質が風に吹かれてできたもの[Nordenskjoeld : 1872, Charlesworth : 1957].ギリシャ語のkryosは氷,寒冷,konisは錐の意味.塵芥孔(dust well)とは氷河表面に堆積した土砂が日光で加熱されて融解し生じた窪みのこと[ランダムハウス : 1994].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone