コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリゲヒモムシ Tubulanus punctatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリゲヒモムシ
Tubulanus punctatus

紐形動物門無針綱古紐虫目ツブラヌス科の海産動物。体長 15~30cm,体幅1~4mm。背面は暗紫色栗色の地に一様に細かい白点が散在し,さらに白色の細輪が環状にほぼ等間隔に並んでいる。頭部は円盤状で幅広く,白色の細帯が横切り,頸部と明瞭に区別される。体の最初の白色細輪 (頭部の白色細帯を除く) はV字形になっているが,2番目からは単輪と複輪が交互に並ぶ。また,背腹と両側の4本の正中線上に白色の点線が縦に走る。日本各地の海岸に分布し,潮間帯転石の下で,上皮から分泌形成される白い管の中にすむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クリゲヒモムシの関連キーワード無針類

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android