コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリサンセマム・パルドーサム Chrysanthemum paludosum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリサンセマム・パルドーサム
Chrysanthemum paludosum

キク科一年草で,北アフリカ原産。草丈 15~20cm。株張りがよく,根元から分枝してこんもりと茂る。深い鋸歯のある深緑色の葉が互生し,茎頂に 3cmほどの頭状花を単生する。芯花は黄色く,辺花は純白色。`ノース・ポール'をはじめ,一回り大きい`スノーランド'などの品種が早春から初夏にかけての代表的な花苗として大量に流通する。日当りのよい環境を好み,普通秋まきして育てる。多少の霜では枯れることはないが,マイナス3℃を下回ると地上部が枯れ込む。こぼれ種からも育つほどじょうぶで,ときにはアスファルト割れ目で開花することもある。気温が 20℃をこえると生育が衰える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クリサンセマム・パルドーサムの関連キーワードクリサンセマム・ムルチコーレ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android