クリジャニッチ(英語表記)Juraj Križanić

世界大百科事典 第2版の解説

クリジャニッチ【Juraj Križanić】

1618‐83
クロアチア人のカトリック神学者で政治著作家。青年時代ローマへ渡り,そこで教育を受ける。正教会カトリック教会の対立問題に取り組み,ロシア関心を抱いた。ロシアに赴き,約四半世紀を過ごした。この間,ツァーリ政府によりシベリア追放されたが,政治著作《ポリティカ》を書き,ロシアこそドイツ人やトルコ人からスラブ人を守ることができるとし,そのためにロシア正教会とカトリック教会との統一の必要性を主張晩年に追放が解かれ,ポーランドに渡り客死した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android