コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリジャニッチ Juraj Križanić

1件 の用語解説(クリジャニッチの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クリジャニッチ【Juraj Križanić】

1618‐83
クロアチア人カトリック神学者で政治著作家。青年時代にローマへ渡り,そこで教育を受ける。正教会カトリック教会の対立問題に取り組み,ロシアに関心を抱いた。ロシアに赴き,約四半世紀を過ごした。この間,ツァーリ政府によりシベリアに追放されたが,政治著作《ポリティカ》を書き,ロシアこそドイツ人やトルコ人からスラブ人を守ることができるとし,そのためにロシア正教会とカトリック教会との統一の必要性を主張。晩年に追放が解かれ,ポーランドに渡り客死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

クリジャニッチの関連キーワード明石城伊藤宗看雲谷等顔島原城新宮城林鵝峰山崎闇斎ローリーアルミニウス鹿島神宮

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone