クリスモン(英語表記)Chrismon

世界大百科事典 第2版の解説

クリスモン【Chrismon】

キリストを意味するモノグラム(組合せ文字)。ギリシア語のΧΡΙΣΤΟΣ(クリストス)の最初の2文字Χ(キー)とΡ(ロー)を組み合わせたもので,さまざまな形をとる。312年,コンスタンティヌス大帝は夢に告知を受けて,このモノグラムをラバルム(軍旗)に掲げ,マクセンティウスとの戦いに勝利をえたという。Α(アルファ)とΩ(オメガ)を伴ったり,円輪に組みこまれるなどして,勝利のキリストの象徴的表現として,初期キリスト教時代を中心に中世まで広く用いられた(図)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android