コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリソタイル クリソタイルchrysotile

1件 の用語解説(クリソタイルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クリソタイル(chrysotile)

蛇紋石系の石綿アスベスト)の一つ。1990年代初頭まで各国で管理使用されていたが、日本では平成16年(2004)から製造・使用が原則禁止されている。白石綿。温石綿。→アモサイトクロシドライト

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクリソタイルの言及

【アスベスト】より

…不燃材として古くから利用されている天然の無機繊維状鉱物の総称で,石綿(いしわた∥せきめん)とも呼ぶ。蛇紋石族または角セン石族の鉱物のうち,繊維状にほぐすことのできるものをいい,蛇紋石族の一種であるクリソタイルchrysotileは温石綿(おんじやくめん)とも呼ばれる。クリソタイルの化学組成はMg6Si4O10(OH)8。…

【蛇紋石】より

…名称はヘビの皮のような外観を示すことによる。アンチゴライトantigorite(葉片状),リザーダイトlizardite(塊状),クリソタイルchrysotile(繊維状,電子顕微鏡下ではパイプ状)の3種に分けられるが,これらが混じって出ることが多い。いずれも層状の結晶構造をもち,クリソタイルでは層が湾曲してパイプとなり,アンチゴライトでは波状の層が反転しながら連なっている。…

※「クリソタイル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クリソタイルの関連情報