コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリソベリル chrysoberyl

翻訳|chrysoberyl

3件 の用語解説(クリソベリルの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

クリソベリル【chrysoberyl】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クリソベリル【chrysoberyl】

金緑石ともいう。化学成分BeAl2O4の鉱物。斜方晶系に属し板状結晶であるが,しばしば六連双晶となり偽六方の対称を示す。ガラス光沢を示し,黄色,黄緑色,緑色,緑褐色,赤色を呈する。モース硬度8.5,比重3.7。へき開は{001}に明瞭。花コウ岩ペグマタイト雲母片岩中に一次鉱物として産出するが,それらより流出した砂鉱中からも見いだされている。日本では福島県雲水(うず)峰,岐阜県苗木地方よりその産出が報告されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリソベリル
くりそべりる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリソベリルの関連キーワード金緑石メリライト金緑色緑土化学組成エイケイエフ図海緑石化作用海緑石鉱床等化学系ワイラカイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone