クリソログス(英語表記)Chrysologus, Petrus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリソログス
Chrysologus, Petrus

[生]400頃
[没]450. イモラ
ラテン教父,教会博士,ラベンナの司教 (433頃) ,聖人。その名 (ギリシア語で「金言を語る者」の意) のとおり,名説教家として有名。女帝ガラ・プラキディアの庇護を受けた。思想的にはアウグスチヌスに近く,アリウス主義,ペラギウス主義などを論駁した (→アリウス派 , ペラギウス説 ) 。祝日は7月 20日と 12月4日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android