金言(読み)キンゲン

  • こんげん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 処世へのいましめや教えとして手本とすべき言葉。模範とすべき内容をもった言葉。名言。格言。金句。
※中右記‐嘉承二年(1107)一二月一日「人人不可然由被難云々、不知是非、故大殿仰立公事之金言歟」 〔白居易‐寄徴之詩〕
② 仏語。仏の金口(こんく)から出た不滅の法語。釈迦の言葉。こんげん。
※本朝文粋(1060頃)一三・為左大臣供養浄妙寺願文〈大江匡衡〉「金言流布。知提河之有一レ金」 〔大法炬陀羅尼経‐九〕
〘名〙 (金口(こんく)の言の意) =きんげん(金言)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金言の関連情報