クリメント[オフリダの](英語表記)Kliment

世界大百科事典 第2版の解説

クリメント[オフリダの]【Kliment】

840ころ‐916
古代スラブ文学の創始者のひとり。モラビアのスラブ人に布教したキュリロスとメトディオス兄弟の弟子。885年,メトディオスの没後,モラビアを追われ,ブルガリアのボリス帝に迎えられた。マケドニアのクトミチェビツァで,教会文献のスラブ語への翻訳を行う学校を開いた。これをオフリダ派と呼ぶ。893年にドレンビツァ(またはベリツァ)主教に就任した。【森安 達也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクリメント[オフリダの]の言及

【マケドニア】より

…中等学校は90校(生徒数7万0696人),うちアルバニア語は5校,トルコ語は2校で授業で用いられている。大学としては,1946年に設立されたスコピエの〈キリルとメトディ大学〉と,1979年に設立されたビトラの〈クリメント大学〉があり,約2万7000の学生が学んでいる。中等学校修了者の進学率は約5割。…

※「クリメント[オフリダの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android