コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルガン州 クルガンKurgan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルガン〔州〕
クルガン
Kurgan

ロシア中西部の州。州都クルガン。ウラル山脈の西にあり,西シベリア低地の南西端部を占める。オビ川水系のトボル川流域に属し,北流するトボル川が州を東西にほぼ2分する。全体に低平で,湿地帯や小湖沼が多く,一部は塩湖。北部は森林,南部は森林ステップ地帯に入る。大陸性気候で,平均気温は1月-17℃,7月 20℃。年降水量は 400mm。 1950年代の処女地開拓政策により開拓が進み,農業が発展。春コムギを中心に,ライムギカラスムギ,トウモロコシ,ジャガイモ,ヒマワリ,野菜などを栽培。北部では酪農,南部では牧羊も盛ん。工業部門では機械 (農業機械,印刷機械,自動車) ,繊維 (織布,縫製) ,食品などの工業が発達。チェリャビンスクオムスク間のシベリア鉄道,ハイウェーが州中央部を横断し,トボル川とその支流イセチ川が水運に利用される。面積7万 1000km2。人口 111万 500 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クルガン州の関連キーワードジュンガルスキーアラタウ山脈タルドゥイクルガンシャドリンスクロシア連邦テケリ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android