コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルチウス反応 クルチウスはんのうCurtius reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルチウス反応
クルチウスはんのう
Curtius reaction

カルボン酸から炭素原子数の1つ少いアミンを合成する反応。 T.クルチウスが発見した (1889) 。まずカルボン酸から酸アジドに導き,これを加熱によって転位 (クルチウス転位) させ,イソシアネートとする。このときアルコールまたは水が存在すると,ウレタンまたはジアルキル尿素が生成する。これらの生成物を加水分解してアミンに導く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クルチウス反応の関連キーワードテオドーア クルティウスシュミット反応

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android