コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルチウス反応 クルチウスはんのう Curtius reaction

1件 の用語解説(クルチウス反応の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルチウス反応
クルチウスはんのう
Curtius reaction

カルボン酸から炭素原子数の1つ少いアミンを合成する反応。 T.クルチウスが発見した (1889) 。まずカルボン酸から酸アジドに導き,これを加熱によって転位 (クルチウス転位) させ,イソシアネートとする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クルチウス反応の関連キーワードカルボン酸ジカルボン酸オキシカルボン酸アミノ酸デカルボキシラーゼカルボン酸エステラーゼジカルボキシルアミノ酸尿ジカルボン酸尿中性アミノ酸デカルボキシラーゼピルビン酸カルボキシラーゼ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone