コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルーゾン病 クルーゾンびょうCrouzon's disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルーゾン病
クルーゾンびょう
Crouzon's disease

フランスの精神科医 O.クルーゾン (1874~1938) が報告した頭蓋骨顔面異骨症の一つ。頭部は短頭型または尖頭型で,幅が広く,両眼の距離が開き,眼窩は浅く,眼球が突出する。わし鼻となり,下顎骨の大きさは正常であるが上顎骨が小さいので,下顎前突症になるなど,一見してわかる特異な顔貌となる。遺伝性家族性にみられ,常染色体優性遺伝形式をとる。知能はほとんど侵されないが,ときに水頭症を併発する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クルーゾン病の関連キーワード狭頭症(頭蓋骨縫合早期癒合症)/小頭症頭蓋骨癒合症両眼隔離症

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android